ミラー

構造も使い方も単純そのものなのに「鏡」は語り難い
主客が入れ替わってしまうから

人は自分をどう見せたいかを知るために鏡を見るわけで
他人にどう見えているかを知ることはできない
鏡は左右上下はそのままに前後だけを逆さまに映すものの
鏡に映る自分は他人の目に映る自分とは左右が反転しているからだ
その点、写真に写っている自分はまさしく他人が見ている自分の姿だが
これも平面と立体という根本の違いがある

未来の姿見は3Dのライブ動画を映す等身大のスクリーンということになるのだろうか
ならずに、決して己を見ることはできないという他者在りきの素敵文化に我々は留まるのだろうか
kelhamphoto.com
ミラー_a0256698_1161841.jpg

by kelham | 2012-03-30 02:59