<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

燃料を入れる
ポンピングをする
マントルをセットし、から焼きをする
点火、調整する

燃料はホワイトガソリン
ポンピングとは、タンク内の空気圧を上げて混合した燃料と空気をジェネレーター内に押し出す作業
マントルは合成繊維で、から焼きによって灰化させる
その中に溜まったガスが燃えマントルが発熱して明かりを放つというのがガソリンランタンの仕組みです

ビンテージや、限定モデル、シーズンモデルなどいろいろあって、コレクションされるほどの物なのだと初めて知りました

新郎の上司たちが、夜のパーティーのためにランタンに火を入れている
慣れきった手つき、手際よく、素速く、次々と灯がともっていく
それもそのはず、彼らは全員、コールマン社の猛者たち
kelhamphoto.com
a0256698_177105.jpg

by kelham | 2012-08-27 17:08
繊細
静謐
闇を解く鮮烈な色彩
闇に帰る独自の閉塞感
銅板画家、浜口陽三の世界です

彼の画を初めて見たのは小学五年か六年か
父が着任した教会の信徒のご婦人宅玄関に横長の「さくらんぼ」が在った
目白最高層階にあるその絶景部屋によく遊びに行かせてもらった
気品高く優しくユーモアに満ちた彼女がぼくは大好きで
反抗期も関係なく、高校に入ってもその部屋には寄り続けた
いつしか自分に恋人ができるたびその夜景を見せ、住人に恋人を見せるのが恒例になっていた

あれから25年

今週火曜、長野諏訪、湖畔の老人ホームに彼女を訪ねた
浜口と書かれた部屋のドアを開ける時は少し緊張
自分のことを覚えておられるかと急に不安になったのです
上寿にして、気品高さと優しさとユーモアは車椅子の上でも健在
再会の喜びに手を取り合った
彼女は陽三の義姉です


東京日本橋にミュゼ浜口陽三という個人美術館
吉祥寺美術館に個人記念室があります
ミュゼには常設展示はありませんのでご注意を。
ケラム事務所の壁では常時ご覧いただけますのでどうぞ
開業時、決意の記念に壱拾五萬円で購入
もちろんコピーをです
kelhamphoto.com
a0256698_15193922.jpg

by kelham | 2012-08-24 15:53
女子サッカーの決勝をLIVEで観ようと
週末の納品作業を3時半まで続けて止め、テレビをつけた
今日金曜は午後の打ち合わせだけ、撮影がないので気楽に観戦
その後昼まで寝てやろうと意気込んだが9時には目が覚めてしまった

あれだけ外してもし勝ってしまうと逆に競技の真価を問われそうなので、この結果はむしろ女子サッカーのレベルを世界に証したのではないか
個人的には、半年くらい前、たまたま飲み屋で話した日刊の記者の「イワブチが別格別次元のセンスとスピード、ケガが治っても周りが彼女に合わせられないので使われない」という訳知り顔がずっと頭に残っていたので、思いがけずそのお姿を拝見できて満足
然も孤高に見えてくるから可笑しい

さて自由な午前中を手に入れたオガサワラ
別格の凡夫
自転車のメンテをしようとベランダに出たが蚊がいてやめた
歯のクリーニングは予約が取れなかった
区の肺がん検診は今日も腰が引ける・
そうだ、事務所までジョギングしてみようと思いつき、
(約9㎞・いい距離、ナイスアイディア!)
部屋で入念なストレッチ開始
気が乗って腕立て、腹筋
もう1セット、さらに20回、あと5回(オリンピック効果)
これはキツイ、効いてる、これこそ筋トレだと
たちまち充足感に満たされ
クーラーの中、14時まで眠った

写真はcarmineのデザイナー、高麗子姫
kelhamphoto.com
a0256698_214549.jpg

by kelham | 2012-08-11 02:29
荒れ狂う海、凄まじい風雨
嵐で難破した大帆船に乗り合わせた
なぜかマストの頂上にいる女を救うはめになり上っていく
たどり着いたとたん帆柱が折れ、今度は倒れていく
死にものぐるいで切れたロープ絡まったロープに飛びつき離し飛びつき
闇の中空を高くさまよう
海よりましと彼女だけをなんとか甲板上に手放し落とした
力尽きて私は暗黒の冷たい海へ

海中編もあるが
午前中ほどもう覚えていないし
他人の夢ほどつまらない話はないという
結局巨大なサメに食われた気がする
久しぶりのスペクタクルだった

写真はジュンキ&チホ
ソシア21
郊外はあいかわらずスペクタクル系に強い
kelhamphoto.com
a0256698_2501282.jpg

by kelham | 2012-08-05 03:08
テレビはオリンピック一色
衛星放送すら入らないこの超アナクロ部屋の住人ですら
ほぼすべての日本戦を中継やニュースで知っていそうな感じ
私はたまたまスポーツが好きだから
連日、朝からおおいに結構で有り難いことですが
興味のない人にとってはさぞ退屈で
お気に入りの旅番組がフェンシングに変わっていたりしたらもう腹立たしいでしょうね

三決戦とか自己新とかぐっとくる
どれほど強靱で上質な精神と肉体のバランスだろう
2週間と言わず2ヶ月くらいゆっくりどうぞという気持ちです

通常のテレビ番組になんの未練もありませんし
kelhamphoto.com
a0256698_12194392.jpg

by kelham | 2012-08-02 12:24