<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ウェディングの場合
広角レンズは28ミリまでが上品だと考えている
それよりもワイドな特殊写真はなくていいが
あるなら100カットのアルバムに1、2枚でいい
デフォルメとは「奇形にする、醜くする、歪める」などの意で
そもそも、花嫁の美しさと集う人々の祝福をありのまま残そうとするウェディングフォトの主題に合わない

どくだみの中を進み、鉄柵ぎりぎりまで下がるが28ミリでは引ききれない
写真は24ミリ
1、2枚でいいの1カット
遠近感が増幅して大きく高いものが中央に傾く
百年建築と大木が、未来に歩き出した二人を静かに包む
top page
a0256698_13165090.jpg

by kelham | 2013-10-22 13:27
三連休8連戦、撮影の部、終了
よく集中できていたと思われる
いい写真の多いことが唯一、後半の作業効率を高めるわけです

昨夜帰宅する頃にはもう中央線の快速はなかった
がらがらの各駅停車
べたべたカップルが真向かいに座る

彼らもどこかで疲れてきたか、男の胸で女はぐったりしていて
眠ったり起きたりしているがその間彼がずっと髪を撫で続けている
時々むくっと起き上がってはキスして戻る
体勢がつらくなった女が睨めっこしようと言いだした
千駄ヶ谷、代々木と本気で見つめ合うも、新宿が気になり始めた彼女の方がしゃべり出し、また口づけを交わし、そして次駅で乗ってくるであろう多勢のために居住まいを正した
その時、初めて男が正面を向き私と目を合わせた
惰性と何かで私は目をそらさずまばたきさえしなかった
5秒ほどにらみ合って、停車直前、彼は視線を外し座席を端に移した

夜の睨めっこ大会、中央場所、優勝は袈羅務
決まり手は「泥疲れ」
自分の駅で降りるのさえ億劫だった
top page
a0256698_15392893.jpg

by kelham | 2013-10-15 15:42
昨夜遅く、その飲み屋で時々見かける白髪角刈り老人が
押し黙りの一人酒は相変わらず、きれいな紺のセーターをまとい
「燗、おかわり、一寸熱くして」とか言っていて秋の深まりを実感

繁忙といえるこの時期
寝ても覚めても写真のデータ製作が続く
撮影があって日中進めることができないと夜事務所に戻って終電までする
「ただいまー、お疲れです、どう?順調? え!もう出来てんの?」
鍵を開け、デスクまでの真っ暗な部屋で本意気で言ってみた
言ってみただけ・


とんぼのウケがいいので蟷螂
ナメクジもゲジゲジもあるがそぐう文章がない
フェリーチェ・ガーデン
kelhamphoto.com
a0256698_11341776.jpg

by kelham | 2013-10-04 12:14