<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

楽しいやら苦しいやら
いろいろあるような、なにもないような
空漠とした心持ちでこの月が終わる

桜一気に満開、今週がロケ撮のピークだろう
写真は好調、撮影にもしっかり集中できている
反面、締切を山のように抱えていて、朝、歯を磨いていても気が重い
今月は事務所に泊まることも多かった
深夜作業は大いに捗るがキリがなくて寝不足、撮影の朝が辛い
それでは本末転倒と、適当なところで止めて近くのバーで寝つけ酒
最初は深夜2時過ぎに行ったが二回目は1時、こないだは0時
終電より早いなら帰れって話で我ながら呆れる

月中、友人が亡くなって哀しい
闘病を知って涙はポロリとも出ないが、彼女の死を毎日考えている
あなたの写真が好き、という一行が
グリーティングカードやメールの文末に必ずついていた
自覚もなしに僕はどれだけ救われてきたのか
なにを返したのか

今日は撮影なし
花見もなし
写真を一枚一枚丁寧に仕上げる
kelham
a0256698_18312662.jpg

by kelham | 2014-03-31 18:38
今日は久しぶりに撮影がないので
朝から撮った写真の整理を続ける
二週間分がたまりに溜まっていて、開けても開けてもフォルダの山
フォルダの中から出てきたフォルダの中からフォルダが出てきて参る

ウェディングの写真制作は
どのカットを納めさせていただくかを選ぶことから始まる
似たものは一枚を決め他を残さない
似て非なるものは一枚も外さない
内容を確実に残すことは元より、写真を減らすこともデジタルカメラ時代のプロの仕事なんだと自他に言っているが、
それは確かにたいへんな作業で、人が聞かないのもわかる
top page
a0256698_14191933.jpg

by kelham | 2014-03-26 14:25
テーブルをどけてもう一歩寄りたい彼と
壁を壊してもう一歩引きたいケラム
1回しかシャッターを切らない彼と、5回切りたいケラム
リアルを撮りたい彼と、きれいに撮りたいケラム

カメラを持って来た彼と
カメラを置いてから行ったケラム・・・

高校の同窓会で下北沢「AVOCADO」
そこに我が師匠が50㎜だけを携えて現れ、撮影する姿を久しぶりに見せた
同級生にしてこの世界の先輩
20年前、「写真を撮る楽しさ」と「撮り切る根性」を教えてくれた人

根性だけはふてぶてしく熟れたけれど、仕事の中で、楽しさはどこかに置き忘れてきてしまった気もする
カウンターの隅でテキーラを飲みつつ、所狭しとあっちこっちを回遊する彼の姿を眺めながら、もう一度取り戻したいと思った

松谷冬太 photo by Masanori Otomo
a0256698_1492880.jpg

kelham photograph
by kelham | 2014-03-19 14:56