<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日も暮れ、ガーデンパーティーが終わる
両家入り交じったテーブルの談笑が途絶えない
何枚か撮ったあと、声をかけて視線をもらった
新郎新婦はカメラを構える私の後ろに座っていて満足げに微笑んでいる

二人に残したこの写真の中には
祖父母がいて、親がいて、姉妹がいて、
おじおばがいて、甥がいる
学生がいて、妊婦がいて、老人がいて、
やがて出づる者とすでに世を去りし者もいる
中央の御大はそれぞれのであってご夫婦ではない

家族というものに意味と価値があって
結婚によってもたらされるは増える喜び
個人的には必ずしも繁栄世界の正なる一員といえないポンコツな私だが
仕事においてこの前提と価値観を疑ったことはない
kelham.com
a0256698_10285180.jpg

by kelham | 2014-08-25 10:59
吸い込まれるような感覚
息遣いを感じるほど近寄る
静かに早く撮り切る
クローズアップはその場で9割くらい出来上がっている画が欲しい
とりあえず高画素で押さえておいて後から大きく抜くという手法とは正誤に関わらず目的を違える
迫るカメラを花嫁はもちろん知っている
何を撮りに来たかもわかっているし、それを許している
その意識された一瞬に、特別なきらめきと一層の美しさがある
kelham photograph
a0256698_344570.jpg

by kelham | 2014-08-16 02:48
撮影のマンネリ化をなげく同業の若い人がいて
その気持ちよくわかる
わかるがそれが写真の形式・様式化なら恐れるに足りない
我々の仕事は量産から逃れられない反面、
同じ被写体を撮ることは二度となく、徹頭徹尾リアル一期一会
マンネリズムが平等性や、確実性、満足度を高めるなら何をためらう
特別に一度だけ来店した御客にシェフは気まぐれ料理を試すだろうか
磨き上げてきた彼の定番を、いつもと同じ手順で、なに一つ変えることなく提供するだろう
食べる方はそのために来ている
思いつきや冒険ではなく洗練を食らいに来ている
誰かはしたり顔で言うかもしれない
また同じ料理!つまらないシェフ!作ってて自分で飽きないもんかね!

怖いのは気持ちのマンネリ化
すなわち、婚礼写真家の、ハレに対する怠惰と新しいものへの臆病

旧友と葉山。この砂は猛烈に焼けている
kelham
a0256698_1543898.jpg

by kelham | 2014-08-08 15:16