スポーツサイクル店で出会ったカップル
共通の趣味はもちろんサイクリング
ペダルを回すほど恋愛関係も深まり至結婚
二人のラッキーアイテムは自転車
というわけでリングピローにも

ケラム周辺にも自転車乗りは多く、競う人走る人集める人それぞれ楽しそう
競う人は一日200キロ走るというから凄い
私は車で200キロ走っても疲れてぐっすり眠る

折りたたみ自転車をかかえて電車に乗り込み
どこか紅葉のある静かな山間に出かけたい
クルクルとゆっくり、景色の中を上がって下り
飽きたころ気の利いた温泉宿で存分にだらけたい
気のせいだろうか、女将が妙に・

これは完全に試験前になると部屋の模様替えをしたくなる病
今日もデータ制作をとにかく進める
top page
a0256698_12215236.jpg

# by kelham | 2013-11-12 12:29
締切仕事にかまけだすと
私の場合、ふて腐れてぶくぶく太る
仕事以外の外出を避けデスクにこもる
楽しいお誘いも、そんな暇あっかと断り
普段散歩しながら行く所も、のんきに歩いてられっかとタクり
日課のゆるトレも、こんなゆるいのしなくても同じとサボり
映画館も、どうせすぐDVDになる、
写真展も、また来る、
散髪も、薄毛が一丁前に何だ、
ブログ?なにそれ

そして
ストレス発散の名の下に
食べるはよく食べ3キロ増

今月イッピより全面的に改めております
美容院にも本日行って参りましてサッパリ
kelhamphoto.com
a0256698_320190.jpg

# by kelham | 2013-11-07 03:25
ウェディングの場合
広角レンズは28ミリまでが上品だと考えている
それよりもワイドな特殊写真はなくていいが
あるなら100カットのアルバムに1、2枚でいい
デフォルメとは「奇形にする、醜くする、歪める」などの意で
そもそも、花嫁の美しさと集う人々の祝福をありのまま残そうとするウェディングフォトの主題に合わない

どくだみの中を進み、鉄柵ぎりぎりまで下がるが28ミリでは引ききれない
写真は24ミリ
1、2枚でいいの1カット
遠近感が増幅して大きく高いものが中央に傾く
百年建築と大木が、未来に歩き出した二人を静かに包む
top page
a0256698_13165090.jpg

# by kelham | 2013-10-22 13:27
三連休8連戦、撮影の部、終了
よく集中できていたと思われる
いい写真の多いことが唯一、後半の作業効率を高めるわけです

昨夜帰宅する頃にはもう中央線の快速はなかった
がらがらの各駅停車
べたべたカップルが真向かいに座る

彼らもどこかで疲れてきたか、男の胸で女はぐったりしていて
眠ったり起きたりしているがその間彼がずっと髪を撫で続けている
時々むくっと起き上がってはキスして戻る
体勢がつらくなった女が睨めっこしようと言いだした
千駄ヶ谷、代々木と本気で見つめ合うも、新宿が気になり始めた彼女の方がしゃべり出し、また口づけを交わし、そして次駅で乗ってくるであろう多勢のために居住まいを正した
その時、初めて男が正面を向き私と目を合わせた
惰性と何かで私は目をそらさずまばたきさえしなかった
5秒ほどにらみ合って、停車直前、彼は視線を外し座席を端に移した

夜の睨めっこ大会、中央場所、優勝は袈羅務
決まり手は「泥疲れ」
自分の駅で降りるのさえ億劫だった
top page
a0256698_15392893.jpg

# by kelham | 2013-10-15 15:42
昨夜遅く、その飲み屋で時々見かける白髪角刈り老人が
押し黙りの一人酒は相変わらず、きれいな紺のセーターをまとい
「燗、おかわり、一寸熱くして」とか言っていて秋の深まりを実感

繁忙といえるこの時期
寝ても覚めても写真のデータ製作が続く
撮影があって日中進めることができないと夜事務所に戻って終電までする
「ただいまー、お疲れです、どう?順調? え!もう出来てんの?」
鍵を開け、デスクまでの真っ暗な部屋で本意気で言ってみた
言ってみただけ・


とんぼのウケがいいので蟷螂
ナメクジもゲジゲジもあるがそぐう文章がない
フェリーチェ・ガーデン
kelhamphoto.com
a0256698_11341776.jpg

# by kelham | 2013-10-04 12:14
花嫁がテーブルの下で新郎の手をとり
つないだ手を小さく振りながらありがとねありがとねと囁いた
新郎は微笑んで、一度だけうなずいていた

ウェディングパーティー
私は髙砂の斜め後ろを撮影の基点にし
撮っては戻り、戻っては撮るをひたすら繰り返す
花嫁の信頼を得て透明になり、至近を保つケラムスタイルは
その日の二人のたいていを見、聞く
スタッフと共有すべき情報があればそれは迷わず提供するが
それ以外は全て心にしまう

昨日、とうとう残暑から解放され秋風の中で働いた
kelhamphoto.com
a0256698_2319688.jpg

# by kelham | 2013-09-24 23:32
日本橋丸善に立ち寄って
照明の色温度の低さと冷房の効いていなさに驚いた
立ち読み対策か何かか・

昼光色、白色、電球色
LED化してもこの三択構造は変わらないようで店はこれを使い分ける
気がふさぐからと蛍光灯の飲み屋には決して入らない友人がいるが
私は自分の部屋さえ暗ければ、あとはどうでもいい
ムーディーでメロウなバーで君の瞳に乾杯するもよし
白々と照らし出された写実居酒屋で女将の深いしわに人生感ずるもよし

写真はグランドハイアット「フレンチ・キッチン」
暗い 高い(天井)狭い(通路)三拍子揃ったフォトグラファーの難関
もちろん新郎新婦はこの雰囲気を好んでここを選んでいるが
写真はその雰囲気を、その暗さのまま残せばいいというわけではない
top page
a0256698_12585213.jpg

# by kelham | 2013-08-29 13:48
フェイスブックはQOLコンテスト
この時季は連日、夏の行楽記事が並ぶ
発つ成田着いた成田いってらっしゃいおかえりなさい
ある人の旅行初日のエスニックな昼食を見ていると、別の人の最終豪華ディナーが飛び込んでくる
イルカと泳ぐ男がいれば大河をカヌーで下る女もいる
山頂の日の出、海辺のサンセット
子供達の興奮、親たちの疲労

最も素敵な夏を過ごした「キング オブ サマー」の栄光は誰の手に

ケラムにも大型自二免許取得、台湾旅行計画が秘かにあったがあっさり中止
仕事の都合によりこの夏は「マイクロフォーサーズ」にお金、「ステディカム」に時間を遣っています

昨夜は久しぶりに横浜の両親のところへ
夕焼けを眺めながら鶴見川の土手を父親と歩いた
たった数百メートルの散歩だが、3ヶ月前はもう二度と彼と歩くことはないと言われていたこともあり中々の夕べだった
top page
a0256698_11342292.jpg

# by kelham | 2013-08-18 11:41
寝室でも事務所でも
クーラーを切るとほんとほっとする
体の緊張が解け一気にリラックスするのがわかる
が小一時間もすると汗だく、またつけずにはいられない

コンビニで常温の水やお茶を売っている理由もわかる
刺激のない優しい喉ごしがほっとする
体に水分が染み渡っていくのがわかる
が迷わずキンキンに冷えた方を選ぶ
どうせすぐぬるまるから二度おいしいし、とか

ガリガリ君の類は冷たすぎて甘すぎて半分も食べられない
もういいと捨ててしまうとほっとする
もったいないので買うのやめようと毎回思う
が数日後また手にとってしまう

夏、暑い暑いと毎日叫きながら
こんな私は冷えて冷えて冷え切ってバテていく
Yozo Hamaguchi "Grapes"
kelhamphoto.com
a0256698_19432.jpg

# by kelham | 2013-08-09 01:31
昨夜は久しぶりにケイドと食事
楽しみにしていたが向かう小田急線の混雑で乗り物酔い、蒸し風呂のような代々木上原乗り換えで貧血、それでも、遅刻していたので店まで走った
結果、乾杯の手は震え、動悸治まらず、目が回り始めて撃沈
以後二時間和食屋のカウンターで地蔵と化す

連日、熱中症熱中症と聞かされ過ぎて
この季節、立ちくらんでも頭痛がしても、ん?もしや、と怯える
(だいたい寝不足か二日酔いですけどね・昨日も)

地球温暖化による気温の上昇
クーラーの中で育っているヒトの汗腺数減少(汗をかけない)
居住空間の気密性の高まり(自然換気されない)
ヒートアイランド現象
などが熱中症を現代病とする根拠のよう

一方、昔も今も暑さで人が倒れるのは変わらないとする考え方もある
根性論がまかり通り病気扱いされていなかっただけ
いちいち病院に搬送されなかっただけ
マスコミの扱いが違うだけ
高齢、無縁化が進んでいるだけ、といったところ・

ま、双方、それぞれ正しそうで、それでいいです
とにかくヒートストロークには睡眠と水分と塩分
gallery
a0256698_15572359.jpg

# by kelham | 2013-07-12 16:03
書類出力用に使っていたインクジェット・プリンターの度重なる不調
メーカーの修理見積りは新品の最安と大差なし
猛暑の昨日、夕方、もう直さずに捨てようと突然思い立った
たかが請求書だの領収書だのクーポンだのそんなものを月数枚出すために
ノズルクリーナーだのクリーニングシートだのいろいろ買った
ネット検索だの分解洗浄だの時間もかけた
棄てるのにも何千円なんてもう嫌だ
バラバラに解体すれば不燃ゴミ可ということなのでさっそく始めた

ドライバーとペンチと金槌でちょろいと思ったが大間違い
部品はすごく硬くそれぞれはさらに固くとめられている
(考えてみればあれだけの振動にミクロン単位で耐え続ける機械なわけで)
ファクス、スキャナー、コピー、カードリーダー、レーベル印刷用トレイ等
一度も使ったことのない新品部分は叩き割る前になって初めてよく見た

結局2時間半かかってなんとかゴミ袋2つに収容
外したネジざっと200、部屋中に飛び散った部品と破片
筐体と天板ガラスは紙袋に入れその上からビニールをかぶせ、マンションのゴミ捨て場で金属バットで粉砕した

ちっとも楽しくないどころか大変な重労働で、隣人の心証も悪く、しかも罪悪感さえ伴ってバカみたいでした

粗大ゴミ/O.A機器(プリンター、スキャナー)収集料¥200〜¥600
そのゴミ捨て場の壁に記してあるのを見つけ絶句
top page
a0256698_16493053.jpg

# by kelham | 2013-07-08 16:01
新郎新婦が持ち帰れる量では到底ないし
半日飾っただけの花々を捨てるのはもったいない
次の組があるので会場に残すわけにもいかない

ウェディングパーティーの装花をみやげとしてすべて列席者に持ち帰らせてしまうアイディアはここから生まれもはや慣習となっている
そういうわけだから古いホテルや式場ではいまだに「よろしかったらお花いかがですか」と持ち帰りをお願いする感じが残っており、あっさり断られてそれが連鎖してさらに断られすっかり行き場を失った哀れな花の山を時折見かける
あろうことか写真屋が二つ渡されることもある

簡単に解決できる
花屋を替えればよい
部屋に飾りたいと女が思うような
恋人や妻子に持って帰ってやりたいと男が思うような
そんなアレンジメントを、二人からの贈りものとして扱えばよい

結局人はイイ物なら欲しいのです

写真は決して残らないショコラの花土産
top page
a0256698_128414.jpg

# by kelham | 2013-06-24 12:16
今日は午後から結婚式とガーデンパーティの撮影×2
いま09:50快晴
しかし本日東京の降水確率は60%
ゲリラ豪雨の可能性高しという予報

何ヶ月もこの日の準備をしてきた後ほど会う二人の花嫁さん
降らないでと空を見上げて祈る気持ちだろうか
豪雨上等、面白くなりそうだと笑っているだろうか

いずれにしても二人にとって素敵な一日になりますように・
ケラムもそばにおります
top page
a0256698_9563245.jpg

# by kelham | 2013-06-15 10:01
日曜の夜
俺はたいていボロ雑巾のように疲れているが
必ず事務所に寄ってデータのバックアップのバックアップを済ませる
こいつを持ち歩いていると何杯飲んでもちっとも酔えない
そのあと歌舞伎町の焼鳥屋で一人ぼーっとする
このパターンは何年も続いているのでその店の常連というわけだが
俺は店には甘えない、知った顔の隣にも座らない
嫌いなのさ、慣れた飲み屋で我が物顔の奴らが・

1982「探偵マイク・ハマー 俺が掟だ」
原題: I, the Jury
消えて久しい高田馬場パール座という名画座でむかしむかし観た
このハマーがいい
独特の美意識と個人稼業臭
自惚れた一挙一動と疾走感
やんわりにじみ出る矜持
そして鉄の仁義

つまり量産時代の低予算アクションでありながらB級の超A級探偵映画です
DVDは未発売
たまにネットで見かけるこの紛らわしいパッケージはファンによるフェイク
top page

a0256698_1274611.jpg

# by kelham | 2013-06-11 12:09
ぎせい【犠牲】ある目的のために損失となることをいとわず、大切なものをささげること。また、そのもの。

花嫁をきれいに撮るために露出を犠牲にする
白とびにも黒ツブレにも彼女たちは写真家ほど興味がない
「自分はきれいに写っているけど背景がとんじゃってるからナシ」
「この写真カワイイって言われるけど手前が潰れてる」
とか花嫁は言わない

チャペルの照明を全て落とし真っ暗にして撮った
初夏の陽射しは一年で最も強く、その影は最も美しいから。
top page
a0256698_11263626.jpg

# by kelham | 2013-06-05 11:35